ビーグレンでスキンケア

ビーグレンの特徴

『ビーグレンの特徴』

ビーグレンはアメリカ初のドクターズコスメです。

いくつもあるドクターズコスメのブランドの中で、ビーグレンは特に欧米のセレブからの支持が高いことで知られています。

ドクターズコスメとは、美容外科、皮膚科の医師が開発や効果の検証に深くかかわった化粧品のことを言います。

ビーグレンでは中心となっているのは、ブライアン・ケラー博士です。元々の専門が薬学です。特にドラッグデリバリーシステム(浸透テクノロジー)の第一人者です。

ドクターズコスメに共通する特徴としてはまずは、化粧品開発のターゲットを絞り込んでいること。宣伝費はなどはかけず、その分も研究開発に注ぎ込んでいること。個性的な製品が多いこと。こういったところでしょう。

ビーグレンでも商品はたったの13種しかありません。

新しい商品もなかなか出ません。が、ずっと同じ中身ではないのです。最新の研究成果を生かして、どんどん更新されてきています。

大手化粧品メーカーのように次々と新しいブランド名、新しい商品名を出して、人の目を引き付けるような商法をとっていないだけです。

ビーグレンのコアになる技術は、「QuSome(キューソーム)」です。これはやはり、ブライアン・ケラー博士の得意分野なのです。

多くの化粧品が角質の表面で浸透が止まってしまうのに対し、角質の一番奥まで届かせることができます。ですから、一層化粧品の効果が際立つのです。

また、「365日返品保証期間」も独自です。初めて買った人は、たとえ使った後でも、効果に満足いかなければ代金が返却されます。

関連記事