ビーグレンでスキンケア

レーザー治療よりもビーグレンがおすすめなわけ

『レーザー治療よりもビーグレンがおすすめなわけ』

最新の医療による美容現場ではレーザーが多用されています。

「レーザー」は改めて言うと、「波長などと厳密に管理し、エネルギーをパワーアップさせることもできる人工的な光を発生させる装置」のことです。

これで発生させた光が「レーザー光」です。

たとえば、「レーザーメス」。刃物のメスの代わりに、このレーザー光で人間の体を切ることもできるのです。

美肌・美白や、ニキビ・ニキビ跡の治療にも用いられます。

例えば、美肌・美白の場合はシミ・ソバカスの本体であるメラニンを焼き切ります。波長を調整することで、レーザー光を皮膚の表面はすり抜けさせ、メラニンに受け止めさせることができるのです。

また、ミクロ単位の無数の穴を皮膚に空け、その傷のダメージからの回復を利用する方法にも使えます。これでは皮膚細胞のターンオーバーが促されるうえに、美肌成分も盛んに分泌されます。

これは美肌・美白、ニキビ・ニキビ跡の両方の対策になります。

化粧品を使うのに比べて、効果が出るのは早いでしょう。が、お肌への負担も覚悟する必要があります。

また、料金は高いです。健康保険が利かないうえに、診察料・施術料は病院側が自由に決められるのです。

ビーグレンのラインアップの中にも、美肌・美白、ニキビ・ニキビ跡の対策になるものがあります。

レーザー治療に比べ、効果はすぐに出ないもののお肌への負担はそれほど大きくはありません。安全性を尊重したい人には、こちらの方がオススメです。

関連記事